E-6『北太平洋深海中枢泊地沖』
更新日:2016/5/28 更新内容:記事作成

E-6_title

記事/攻略概要

イベントも残り数日となってしまいました。更新、遅れに遅れて申し訳ありません。
今さらな状況ですが、この週末に攻略する提督のお役に立てれば幸いです。
このE-6はギミック(後述)を破壊してから攻略するマップとなっています。
また、このマップでは基地航空隊は使用できません。
そしてお札はこのマップでラストです。したがってこのE-6は全力編成で戦いましょう。

提督の皆様のコメント情報等を元に、当記事を随時更新していきたいと思っています。
お時間がありましたら、知り得た情報を下部コメント欄に記載して頂けると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

尚、結論だけ読みたい場合は水色背景部分を参照してください。

イベント前提情報

連合艦隊仕様

レアドロップ/クリア報酬

海域マップ/道中考察

E-6_MAP

ルート条件 暫定

開始1:(第一)空母系4
開始2:(第一)空母系2
開始3:(第一)空母系3
(M)→(N):空母2以下かつ第二戦艦無しで5~7割程度の確率
(H)→(N):開始2かつ第2戦艦無し または航空戦艦?
(A)→(C):高速統一

敵マス考察(3/上ルート)

E-6_teki
・道中敵マスには他パターンも存在します。目安としてお使い下さい。
・どのマスでもそれなりに大破する可能性があります。

ボス考察

E-6_BOSS

攻略条件

甲:6回撃破分のゲージを減らすとクリア。※ラストは撃破が必要。
乙:6回撃破分のゲージを減らすとクリア。※ラストは撃破が必要。
丙:5回撃破分のゲージを減らすとクリア。※ラストは撃破が必要。

ボス特徴

・耐久900の陸上型ボス。随伴艦も合わせると最大5隻の陸上型となる。
・三式弾やWG42が特効。※大発系はボスには効果なし(随伴にはあり)。雷装は効果なし。
航空支援と、開幕爆撃の艦爆に特効が付きます。
 →上手くいくと開幕でボス撃破も可能なため、開幕航空戦に勝負をかけます。
・砲撃戦では艦爆を装備していると陸上型に攻撃をしなくなる特性あり。

ボス最終形態(残り1回旗艦撃破でゲージ破壊の状況=ボスが変化)

・制空値が(68 or 116)から156に増加。烈風を1つ追加して対処します。

ギミック

ギミック概要

E-6の(A)(G)(L)とE-5の( I )の4箇所をそれぞれS勝利で大幅に航空戦打撃力が向上。
※4箇所全てS勝利でボスボイスに「・・・まさか」が追加される。テキストは変わりません。
 2箇所S勝利で効果が出始め、4箇所全てS勝利だとボスが航空戦のみで落ちることもあり。

編成/装備

攻略ルート比較:
開始3(上)特徴
・3割~5割程度(L)ルートに逸れる。
・道中が1戦少なく弾薬マイナス補正がかからない。
・空母系3が使えるため、ボス航空戦の手数が多い。
・(L)に逸れても親潮ドロップが3.5%程度あり。空ドロップを考慮すると2%程度?
開始2(下)特徴
・ボス直通。
・全5戦でマイナス補正がかかる。
・空母系2のため、ボス航空戦の手数が少ない。
・道中、航空戦が1戦増えるため、第一艦隊の航空機の消耗が比較的多い。

どちらでも制空権確保は可能。
ボス戦は、1戦少なく主力の艦爆の消耗が少ない上ルートが若干有利。
道中は、第二艦隊に穴あきダメコン艦が多くいる場合は、下ルートの大破撤退率の方が
上ルートの(L)逸れ率よりも低くなるため、全体の試行回数では下ルートの方が有利。
そんなわけでどちらも大差はありませんが、管理人は親潮掘りを兼ねたいため
開始3(上)を選択し、運良くゲットできました。
✔第一艦隊
航戦2+空母2+軽空母1+あきつ丸

✔第二艦隊
軽巡1+(重巡/航巡)2+雷巡0~1+駆逐2~3

E-6_hensei1
E-6_hensei2

編成

あきつ丸:制空値的には必要ないのですが、
 編成することで空母により多くの艦爆を装備できるようになるため有利です。
 と言ってもあきつ丸がいなくても多少の手数が減るだけなため、攻略は十分可能です。
 いない場合は重巡/航巡を編成しましょう。
航空戦艦:瑞雲系を装備でき、開幕爆撃に参加可能なため編成。
雷巡:ボス編成には効果はほぼありませんが、道中有利なため前哨戦で使用。
 道中大破率が若干減る程度なので、最初から駆逐3でも構いません。
開始2編成:画像の軽空母を重巡/航巡に変更し、空母の艦戦を増やします。
 第二艦隊は同じ。  

装備

空母系:制空権確保をとることで、艦爆スロットの消耗が減り結果的に火力が上昇。
 したがって制空権確保が可能な数の烈風や爆戦が必須。
 ※開幕爆撃+航空支援だけで、ボス旗艦を500程度削れることが多い
 ※画像の烈風はもう一つ少なくても前哨戦では問題ありませんが、
  瑞雲の練度が落ちることを考慮して画像の個数となっています。
瑞雲:開幕爆撃の手数を増やすため、航空戦艦に徹甲弾ではなく瑞雲x2装備。
 しかしどちらがより効果的なのかは微妙なところ。
WG42、特二内火艇
 ボス耐久値900の割合ダメージ(6~14%)を考えると、WG42や特二内火艇込みの夜戦連撃は
 特効があっても割合ダメと大差ない(むしろ少ない)ため、
 駆逐艦の特効装備は気持ち程度と考えたほうが良さそうです。
対空カットイン
 上記から、前哨戦ではWG42や内火艇を外し、2隻を対空カットインにしています。
 ※画像の対空カットインだと夕立が優先されてしまうため、
  できれば防空駆逐をもう1隻増やした方が良いそうです。※コメ感謝  また、2隻を対空カットインにすることで電探x2となり、
 うずしおで持っていかれる燃料が(多分)1ゲージ程度減るため?、
 結果、ボス戦で夜戦まで生き残る第二艦隊が増えることも期待しています。
・夜偵:ボス夜戦用に1つ装備。最終形態ではWG42に変更可。

前衛支援

編成:駆逐2+戦2+空母2
前衛はいつもどおりな感じで良いでしょう。詳しくは下記、「支援艦隊」をご覧ください。

決戦支援(航空支援)

E-6_hensei_kessen
 今までなかなか使うことのなかった航空支援(WIKI)を使用。
航空支援仕様:
・駆逐艦は遠足気分でついてくるだけで、攻撃に参加しない。
・通常の航空戦同様、敵の艦戦により迎撃される。
 迎撃割合は支援艦隊の制空値で決まる。
・熟練度は影響しない。※制空値にも熟練度が影響しないのかどうかは不明。
・攻撃力に搭載機の火力は影響しない。スロット毎の搭載数が重要。
 →爆戦でも彗星一二型甲でも火力に差はない模様?命中上げが良さそう?
編成:空母4+駆逐2
  ・装備:制空値と搭載数が重要なため、制空権を優先させながら命中を上げる装備。
 第4スロは搭載数が少ないため烈風とし、残りは制空値と手数を考え爆戦を基本とします。

制空値

・ボス戦での制空権確保に必要な制空値は前哨戦で370程度、最終形態で490程度。
・最終形態では制空値が158に上がるため、艦隊司令部施設を外して烈風を1つ増やします。
制空値計算方法(熟練度システム込み)
 艦載機計算機(艦載機厨様) 使い方(下部)+画面上の熟練度にチェック。
 制空値計算機(仮)(SAB WAY様) 使い方:艦→装備→熟練度(スロ右上の>>)の順に選択。
 ※詳しい使い方は画面上の「やっつけチュートリアル」をクリック。

索敵値

特に意識しなくても逸れることはまず無さそうです。

並び順

前哨戦では道中を考えて航巡/.重巡は上の方に置き、最終ではトドメ要員として下に置きます。

道中/ボス陣形

(A)(K):第一(単横)
(H):第3(輪形)
他:第4(単縦)

支援艦隊

今回は前衛支援のみで使用。決戦支援は航空支援です。
支援射撃
例:バランス型

shienkantai_default


総評/コメント

情報提供提督様一覧



コメント情報を元に、記事を随時更新していきたいと思っております。
大変お手数ですが、情報には『甲乙丙』の難易度も書いて頂けると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。
管理人の検証系の知識は1年前あたりで止まってしまっているため、
新たな検証結果や間違いなどありましたら指摘して頂けると助かります。
コメント欄は情報や意見交換、雑談の場として自由にお使い下さい。
※他提督様のコメントに対する煽りや中傷などはお止め下さい。